安倍晋三総理による金融政策“アベノミクス”が始まって以 来、景気の回復に関するニュースが多くなった。日本銀行の 大胆な金融政策は市場の好感を呼び、株価が上昇。さらに円 安が進んだことによって輸出産業で経営の改善の兆しが見え ているという。確かに、実際の自分の給料に景気回復の色は 見えなくても、これまでと比べれば前途は明るいように感じ る。

ところが、そんなアベノミクスによって窮地に追い込まれ つつある産業があるという。それが女性アイドル産業であ り、特に影響が強いのが、その代表的な存在である 「AKB48」だ。 2月に発売された30枚目のシングル「So long!」は、2011 年2月にリリースされた「Everyday、カチューシャ」より10 枚連続で発売初週でのミリオン突破(オリコン調べ)と、勢 いは全く衰えていないように見えるのだが、経済学者の田中秀臣氏は『日本経済復活が引き 起こす AKBの終焉』(主婦の友社/刊)で“AKBが終焉に向かっている兆候”をいくつか指摘 している。

■デフレ経済に強かったAKB48のモデル もともとのAKB48のコンセプトは“会いに行けるアイドル”というもので、秋葉原に劇場を 常設し、毎日のように正規チームが公演を行っていた。また、シングルCDに握手券を特典 として付け、ファンとメンバーが直に触れあう機会を作った。 さらに、少しずつ大きくなってくると、今度はリアルの接触だけでなく、「Google 」 (ぐぐたす)というSNSにメンバー全員が参加。メンバーのコメントや仕事風景や日常生 活の写真が次々とアップされ、少し距離が遠くなっていたメンバーが再び身近に感じられる ようになった。 他に、チケットやグッズも、お金をあまり持っていないファンでも手が伸ばせるような価 格設定にされているという。例えば最近のメンバー別の写真集は1500円程度で、さらに特 典もついてくる。 こうしてファンたちは、AKB48メンバーたちの成長を見守り、また自らその体験を共有 し、深く感情移入していく。情報収集はインターネットがメインなので、ほとんどお金がか からない。つまり、「あまりお金を使わない」というデフレ経済下の人々の消費行動に適し たモデルをAKB48は作り上げていたのだ。

■壇蜜のブレイクが意味するものとは? しかし、今やデフレから脱却し、世はインフレに向かっている。そうなると人々の消費行 動も変化を見せる。その一つの特徴は、物語消費からリアルな消費に移行するということ だ。 景気が良くなると、「あまりお金を使わないようにしよう」と考えていた人たちが、それ までの反動からリアルな消費に走るようになる。テレビやインターネットに満足していた人 たちも、使えるお金が増えて外でお金を使うようになるのだ。 田中さんは消費行動の変化の象徴として、今年ブレイクした壇蜜さんの名を挙げる。ファ ンや報道陣の目の前で自ら下着を脱いだり、下着付きの写真集を発売して大きな話題を呼ん でいるが、こうしたパフォーマンスやサービスは不況下には見られなかったもので、田中さ んは90年代のバブル期に活躍したセクシーアイドルたちとその存在を重ねる。

また、デフレ解消は“一人勝ちの解消”でもある。デフレ経済に強いモデルを築き上げてき たAKB48は、ファンたちに「他にお金を使わせない」という消費行動を取らせてきたといえ る。ところが、好景気になり手持ちのお金が増えてくると、お金を使う場所の選択肢が増え るのだ。 そのとき、よりAKB48に注ぎ込むのか、それとも他のアイドルグループに向かうのか、は たまたよりリアルな場面で消費されるのか。場合によってはAKB48人気の急速な衰退もあり えるはずだ。

田中氏は様々な角度からAKB48の厳しい状況について分析を重ねるが、もちろんそれは 「AKB48憎し」という気持ちでやっているのではない。田中氏の推しメンは北原里英さんで あり、今後AKB48が生き残っていく上で、今が最も重要な時期なのだという想いが文章の 隅々から伝わってくる。 また、「全アイドル参加の選抜総選挙開催」など、アイドル業界活性化のためのアイデア なども提示しており、AKB48の経済本としてはかなりユニークな内容となっている。

アベノミクスに対して賛否両論あるものの、世間に、これまでとは違うポジティブな波が 来ているのは確かだろう。そして、社会や経済が大きく転換する中で起こる、本書で書かれ ている“AKB48の凋落”は、これからの時代のコンテンツについて考える上で重要な示唆を与 えてくれるはず